夫からのクリスマスプレゼント⑤

そして付き合って初めてのクリスマスの時にいつも履いてるよりも高い靴で私の好きなブランドの物をプレゼントしてくれたのが始まりだった。

その時に、毎年悩むのも大変だしクリスマスには自分では買わないような高いパンプスを買ってくれるという事になったのだ。

今回でもう3度目になるが、それでもやはりこのブランドは好きなので嬉しかった。

二人だけのクリスマス会も楽しく終わり、夫は明日も仕事なので先に寝てしまった。

私は夫からもらったパンプスを早速明日から履こうと思って玄関におろして履いて見た。

「あれ?痛い。小さい?・・・」

サイズを見るとMサイズだった。

因みに私はパンプスだとLサイズで、それは3年前から変わらず夫もそれは知っているはずだった。

ひょっとするとお店の人がサイズを間違えて入れたのかと思った。

仕方ないので交換する為に元の箱にしまって、物置き部屋に置いておいた。

その部屋は普段は夫が荷物置き場として使用してる部屋だったのだが、部屋の電気をつけて入口付近に靴の箱を置こうとした時、靴と同じブランドの紙袋を発見した。

気になったので紙袋を覗くと包装された私にプレゼントしてくれたのと同じような箱だった。

誰か他の人に渡すつもりなのか、ちゃんと包装されていてメリークリスマスというメッセージカードがリボンの間に差し込まれていた。

私以外の女性にプレゼントを渡す事があるなんて仕事ではあり得ないと思った。

それにもし母親とかに渡すつもりなら、私に黙っておくはずがない気がした。

包装されていたが、破れないように外して中を確認すると、私にくれたパンプスと同じ種類の違う色の物が入っていた。

「なんで?どういう事・・・」

意味が分からなかったが、ふと目に着いたサイズを見るとLサイズだった。

履いて見ると見事に私にピッタリだった。

とにかく一度元の状態に戻すことにして、包装し直してリボンも元通りに結んだ。

目の前にはリボンに挟まっていたクリスマスカードがあったので、裏を見てみると驚いた。

「To○○ メリークリスマス。いつもありがとう From○○」と私あてのメッセージだった。

コメント投稿は締め切りました。